モンスターストライク(モンスト)、ミクシィ、Google Playに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームランキング記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 『モンスト』が1週間首位をキープ、『ドッカンバトル』『DBレ...

『モンスト』が1週間首位をキープ、『ドッカンバトル』『DBレジェンズ』は共に大幅ランクアップ、『リネージュM』『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』はトップ30入りを狙う…Google Play売上ランキングの1週間を振り返る

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

6月3日~6月7日のGoogle Play売上ランキングの動きを振り返ろう。

今週は、ミクシィ<2121>の『モンスターストライク』が首位をキープし続けた。『モンスト』は6月2日から新たに獣神化が可能になる「ワイルドキャット」の出現確率が超UPのガチャ「グリーンファンタジー」を、そして6月4日からはXFLAGとアニメーションスタジオ・TRIGGERが初めて共同製作し、全国の映画館にて公開中の映画「プロメア」とのコラボを開催。それら施策が功を奏し、1位の座を死守した。

その他では、ドッカンフェスと「超サイヤ人」カテゴリガシャ開催の『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』が132位→5位に急浮上。また、配信開始1周年を記念したキャンペーン開催の『ドラゴンボール レジェンズ』が304位から12位と大幅にランクアップするなど、今週は『ドラゴンボール』を題材にしたタイトルの好調ぶりも光った。

また、5月29日より配信を開始したエヌ・シー・ジャパンの『Lineage M(以下、リネージュM)』や、6月4日にリリースしたばかりのNetmarble最新作『七つの大罪 ~光と闇の交戦(ひかりとやみのグランドクロス)~』は、トップ30入りに近づいたものの、今週は惜しくも届かず。来週の動きに期待したい。

 
■6月3日
 
 

6月3日10時現在のGoogle Playの売上ランキング(ゲームカテゴリー)は、ミクシィ<2121>の『モンスターストライク』が首位回復した。

『モンスト』は、6月2日正午よりガチャ「グリーンファンタジー」を開始した。このガチャは、「ワイルドキャット(コルセア)」「伏姫」「ザドキエル」「グリム兄弟」「アメノウズメ」などを含む木属性キャラクターのみが「ラック5」で排出。さらに、新たに獣神化が可能になる「ワイルドキャット」の出現確率が超UPしており、ユーザーから好評のようだ。
 
出所:AppAnnie
 

また、バンダイナムコエンターテインメントの『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』が、132位→5位に急浮上した。『ドッカンバトル』は、5月31日17時から、ドッカンフェスと「超サイヤ人」カテゴリガシャを開始している。

ドッカンフェスは新SSR【最後の切り札】孫悟空が登場。「超サイヤ人」カテゴリガシャでは、「超サイヤ人」カテゴリに関連するキャラクターが集結しており、連続ガシャではピックアップSSRキャラクターが必ず1体登場する。さらに3回限定で連続ガシャが「龍石」30個で引ける大チャンスとあって、売り上げにつながったもよう。
 
出所:AppAnnie

 

その他、5月31日より、新イベント「覇眼戦線 終戦の凛煌眼 -前編-」を開始したコロプラ<3668>の『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』が、16ランクアップでトップ30に復帰している。今回のイベントは、2015年1月より開催していた「覇眼戦線」イベントの最新作にあたり、リヴェータやルドヴィカ、アシュタルら人気精霊たちが登場しており、順位を押し上げる要因となったようだ。
 
出所:AppAnnie
 
 
■6月4日
 

6月4日10時現在のGoogle Playの売上ランキング(ゲームカテゴリー)は、首位『モンスターストライク』、2位『パズル&ドラゴンズ』は前日から変動なく、3位に『星のドラゴンクエスト』が浮上している。

そうした中、スクウェア・エニックスの『ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス』がトップ30に復帰している。『FFBE』は6月1日(土)から、『ファイナルファンタジーIV』よりCGムービー付きLBを繰り出す新ユニット「聖騎士セシル」や、「パロム&ポロム」「シド(FFIV)」が新たに参戦(関連記事)。

新規ユニットが手に入りやすい「ピックアップレジェンド召喚フェス」「ステップアップレジェンド召喚フェス」を開催しており、売り上げに寄与。6月1日時点では182位だったが、本施策により大きく順位を上げ、本日26位につけた。
 
出所:AppAnnie
 

また、gumi<3903>の『ファントム オブ キル』も、6月1日時点では167位だったが、本日になって30位までジャンプアップしている。

その要因として考えられるのが、現在実施中のファンタジーアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」とのコラボレーション。6月1日に新ユニット「レム(ウェディング ver.)」を実装(関連記事)しており、ユーザーから好評のようだ。
 
出所:AppAnnie
 
■6月5日
 
6月5日10時現在のGoogle Playの売上ランキング(ゲームカテゴリー)は、『モンスターストライク』が首位をキープし、2位に『LINE:ディズニー ツムツム』、3位に『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』と続いた。

4日間首位をキープする『モンスト』は、XFLAGとアニメーションスタジオ・TRIGGERが初めて共同製作し、全国の映画館にて公開中の映画「プロメア」とのコラボを6月4日より開催(関連記事)。本コラボでは、「プロメア」の主人公「ガロ」をはじめ、「キルラキル」の「纏流子&鮮血」、「天元突破グレンラガン」の「シモン&カミナ」など、各作品を代表する人気キャラが多数登場しており、ユーザーから好評のようだ。
 
出所:AppAnnie
 

また、バンダイナムコエンターテインメントの『ドラゴンボール レジェンズ』が、前日の304位から12位と大幅にランクアップしている。

『DBレジェンズ』は現在、配信開始1周年を記念したキャンペーンを開催中(関連記事)。その中でポタラの力で合体した究極の戦士「ベジット」がSPARKINGキャラクターとして新登場したステップアップガシャ「LEGENDS ANNIVERSARY STEP-UP - GOKU -」と「LEGENDS ANNIVERSARY STEP-UP - VEGETA -」が6月3日メンテナンス終了後より始まっており、順位を押し上げる原動力となったようだ。
 
出所:AppAnnie


その他、WFSのゲームアプリ『消滅都市0.』とのコラボイベントを開催中のポノス『にゃんこ大戦争』が、33位→30位とトップ30に復帰している。
 
■6月6日
 

6月6日10時現在のGoogle Playの売上ランキング(ゲームカテゴリー)は、首位『モンスターストライク』から6位『グランブルーファンタジー』まで、上位タイトルに前日から変動は見られなかった。

トップ30圏内を見ると、ZLONGAMEの『ラングリッサー モバイル』が、前日21位から4ランクアップしている。

『ラングリッサー モバイル』は、6月4日メンテナンス後のアップデートで新コンテンツを追加。その中で、期間限定召喚として「闇の輪廻」を6月18日9時まで実施中。こちらはSSRボーゼル、SSRアルテミュラー、SSRベルンハルトの出現確率UPで、10連召喚で必ずSR以上の英雄を1人獲得できるということで、売り上げにつながっているもよう。
 
出所:AppAnnie
 

また、トップ30外だが、5月29日より配信を開始したエヌ・シー・ジャパンの『Lineage M(以下、リネージュM)』が、今週に入って41位、35位、34位とジワジワ順位を上げ、本日32位まで浮上している。

『リネージュM』は6月5日メンテナンス後より、「ナルエンの防具箱パッケージ」を期間限定で販売開始。こちらは防具や防具強化の巻物、ドラゴンのダイヤモンドなどが手に入るパッケージだ。1アカウント2個まで購入できる同パッケージの販売が順位を押し上げていると考えられる。

明日以降、トップ30入りを果たせるか注目したい。
 
出所:AppAnnie
 
■6月7日
 

6月7日10時現在のGoogle Playの売上ランキング(ゲームカテゴリー)は、この日も『モンスターストライク』が1位となり、月曜日から金曜日まで首位をキープする結果となった。そうした中、久しぶりにトップ30圏内に復帰を果たしたのが、ブシロードとポケラボの『戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED』で、前日32位から3ランクアップで29位につけている。

『戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED』は、5月31日(金)17時より「SSSS.GRIDMAN」とのコラボイベント「夢を唄う英雄」(関連記事)を開催中。『フルパワーグリッドマンギア』『グリッドナイトギア』をまとった装者が初登場しており、ユーザーから好評のもよう。

加えて、イグナイトギアの調、切歌の★5シンフォギアカードが限界突破フルバーストガチャで再登場。歌唱石合計700個で、対象カード×6枚が獲得可能ということで、ゲーム内の活性化につながっていると思われる。
 
出所:AppAnnie
 

また、トップ30圏外だが、Netmarbleの最新作『七つの大罪 ~光と闇の交戦(ひかりとやみのグランドクロス)~』に注目したい。本作は6月4日にリリースしたばかりだが、配信翌日の5日に191位、6日に60位、そして本日7日は43位まで浮上し、好調な滑り出しを見せている。

『七つの大罪 ~光と闇の交戦』は、TVアニメ「七つの大罪」の世界をスマートフォンで体験できるシネマティックアドベンチャーRPGとなっており、事前登録者数は300万人を突破するなど大きな期待を集めていただけに、今後トップ30に食い込んでくるか期待したい。
 
出所:AppAnnie
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社ミクシィ)

会社名 株式会社ミクシィ
URL http://mixi.co.jp/
設立 1997年11月
代表者 木村弘毅
決算期 3月
直近業績 売上高1890億円、営業利益723億円、経常利益727億円、最終利益417億円(2018年3月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 2121

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事