コナミデジタルエンタテインメントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > コナミ、第3四半期は減収減益-ゲームソフトやソーシャルゲーム...

コナミ、第3四半期は減収減益-ゲームソフトやソーシャルゲームは順調

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
 コナミ<9766>が2月3日に発表した第3四半期累計(4~12月期)の連結業績(米国会計基準)は、売上高及び営業収入1883億0800万円(前年同期比1.4%減)、営業利益165億4100万円(同3.4%減)、株主に帰属する四半期純利益96億1500万円(同9.5%減)だった。  同社によると、主力のエンタテイメント事業でゲームソフトは順調だったものの、アミューズメントやカードゲームの売上減が減益の要因だったようだ。

 ゲームソフトについては、「ウイニングイレブン」や「実況パワフルプロ野球」、PSP初の「メタルギアソリッド」のほか、「悪魔上ドラキュラ」シリーズの最新作を発売した。そのほか、「ラブプラス+」が前作以上の初週販売を記録するなど高く評価された、としている。ラップカラオケゲーム「DefJam Rapstar」や、カラオケゲーム「Karaoke Revolution Glee」といった音楽ゲームも伸びたようだ。ゲームソフトの販売本数は、前年同期比19.1%増の1849万本だった。

 そのほか、ソーシャルゲームの展開も強化したとのこと。「GREE」で配信を開始した「ドラゴンコレクション」はゲームランキングで1位を獲得するなど順調にユーザー数を伸ばし、「モバゲータウン」で配信した「戦国コレクション」についても好調に推移したという。

 

■3月通期について

 3月通期は、売上高及び営業収入2850億円(前期比8.7%増)、営業利益245億円(同31.3%増)、株主に帰属する当期純利益135億円(同1.4%増)を見込む。業績予想については変更していない。

 同社では、「ウイニングイレブン」の最新作を発売するなど「ニンテンドー3DS」向けのソフト制作を推進するようだ。またソーシャルゲームについても、これまで培ったノウハウとコンテンツを生かして引き続き配信タイトルを強化する、としている。

 なお、ゲームソフトの販売本数の地域別別の内訳は以下のとおり。

 ■地域別

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 日本:653万本(+26.3%)
  • 北米:505万本(+50.3%)
  • 欧州:660万本(-1.9%)
  • アジア:31万本(10.7%)

 

 ■ジャンル別

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • サッカー:656万本(-5.7%)
  • 野球:92万本(-9.8%)
  • アニメ:114万本(-9.5%)
  • 音楽:186万本(+80.5%)
  • メタルギア:168万本(+158%)
  • その他:633万本(+37%)

 

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( コナミデジタルエンタテインメントコナミホールディングス

企業情報(株式会社コナミデジタルエンタテインメント)

会社名 株式会社コナミデジタルエンタテインメント
URL https://www.konami.com/games/corporate/ja/
設立 2006年3月
代表者 早川英樹
決算期 3月
直近業績 当期純利益162億5000万円(2017年3月期)
上場区分 非上場
証券コード

企業情報(コナミホールディングス株式会社)

会社名 コナミホールディングス株式会社
URL http://www.konami.com/
設立 1973年3月
代表者 代表取締役会長 上月 景正/代表取締役社長 上月 拓也
決算期 3月
直近業績 売上高及び営業収益2181億円、営業利益144億円、最終利益94億円(2015年3月期の実績)
上場区分 東証1部(ロンドンの取引所にも上場)
証券コード 9766

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事