東宝に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(4/6)】ガーラが4日ぶりに反発 外資系証券...

【ゲーム株概況(4/6)】ガーラが4日ぶりに反発 外資系証券が目標株価を引き上げの東宝も反発 東京通信は終値ベースで2000円割れ

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
4月6日の東京株式市場では、日経平均は4日ぶりに反落し、前日比392.62円安の2万9696.63円と3万円を割り込んで取引を終えた。前日の3万円大台乗せによる目先達成感からの売り物が優勢となり、一時は下げ幅400円超に達する場面もあった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ガーラ<4777>が4日ぶりに反発したほか、KLab<3656>やボルテージ<3639>などが堅調に推移した。

周辺株では、ジェフリーズ証券が目標株価を5250円から5500円引き上げた東宝<9602>が反発した。

また、給与のデジタル払いの議論が進められたことで、解禁に向かうことへの期待感から決済サービスを提供するメタップス<6172>も商いを伴って大幅続伸した。

半面、アクセルマーク<3624>やgumi<3903>などが安く、セガサミーHD<6460>やコナミHD<9766>、スクウェア・エニックスHD<9684>など大手ゲーム株の一角も売られた。

東京通信<7359>は3日続落し、終値ベースで2000円台を割り込んだ。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 東宝

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事