サイバーエージェントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(2/19)】国内証券が目標株価引き上げのKA...

【ゲーム株概況(2/19)】国内証券が目標株価引き上げのKADOKAWAが高い 『ニーア』好発進のサイバーエージェントとスクエニHDが3日ぶり反発

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
2月19日の東京株式市場では、日経平均は3日続落し、前日比218.17円安の3万17.92円で取引を終えた。前日の米国市場安を受け、国内市場も3万円大台乗せによる目先達成感からの利益確定売りが続いた。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、東京通信<7359>やKADOKAWA<9468>、東映アニメ<4816>などが買われた。KADOKAWAは、岡三証券が投資判断「強気」を継続し、目標株価を4200円から4600円に引き上げたことが市場の関心を集めたようだ。

また、スクウェア・エニックスが前日2月18日にリリースした最新作『NieR Re[in]carnation(ニーア リィンカーネーション)』がApp Storeの売上ランキング(ゲームカテゴリー)で首位を獲得したことを受け、その開発を子会社アプリボットが担当しているサイバーエージェント<4751>も3日ぶりに反発した。なお、スクウェア・エニックスHD<9684>も3日ぶりに反発している。

なお、ベクター<2656>は3日連続のストップ高で、約1年半ぶりの400円台乗せとなった。

半面、ギークス<7060>が大幅反落し、カヤック<3904>やenish<3667>、オルトプラス<3762>なども売られた。カヤックは、好決算発表を受けて900円台半ばまで買われた後、利益確定の売り物に押される展開となっているようだ。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( サイバーエージェントKADOKAWA

企業情報(株式会社KADOKAWA)

会社名 株式会社KADOKAWA
URL http://www.kadokawa.co.jp/
設立 1954年4月
代表者 松原眞樹/井上伸一郎
決算期 3月
直近業績 売上高2086億0500万円、営業利益27億0700万円、経常利益42億0500万円、最終損益40億8500万円の赤字(2019年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 9468

企業情報(株式会社サイバーエージェント)

会社名 株式会社サイバーエージェント
URL http://www.cyberagent.co.jp/
設立 1998年3月
代表者 藤田晋
決算期 9月
直近業績 売上高3713億円、営業利益307億円、経常利益287億円、最終利益40億円(2017年9月期)
上場区分 東証1部
証券コード 4751

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事