サイバーエージェントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム資金調達記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > KADOKAWA、サイバーエージェントとソニーに割当先とした...

KADOKAWA、サイバーエージェントとソニーに割当先とした100億円の増資の払込が完了 自社株消却も

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
KADOKAWA<9468>は、この日(2月19日)、サイバーエージェント<4751>とソニー<6758>を割当先とする第三者割当増資284万4950株の払込が完了したことを明らかにした。割当の内訳は、サイバーエージェントとソニーがそれぞれ142万2475株ずつとなる。払込金額は総額で99億9999万9250円となる。同時に、第三者割当増資で発行する株式数と同数にあたる284万4950株(発行済株式の4.01%に相当)の消却が完了したことも明らかにした。

調達した資金の使途と今後の提携の内容は以下のとおり(資本提携の記事からの再掲)。

調達した資金については、新規IPの創出・開発・取得に50億円、既存IP活用の最大化に50億円を充当する、としている。まず、長期的な関係強化のため、資本提携から開始し、今後、戦略的パートナーとの協業を推進する、としている。両社との提携は以下の内容を想定しているという。

サイバーエージェントとは、両社の事業・ノウハウ等の強みを活かしつつ、スマートフォン向けゲームの開発・運用力とコンテンツ力を組み合わせ、同社の IP の「グローバル・メディアミックス」をより強力に推進すべく、両社の事業面における提携関係の構築・強化に向けた協議を進めていく。

またソニーグループとは、両社の事業・ノウハウ等の強みを活かしつつ、ソニーグループが有するアニメ及びコンシューマーゲームのグローバルな展開力と同社のコンテンツ力を組み合わせ、同社のIP の「グローバル・メディアミックス」をより強力に推進すべく、ソニーグループ及び同社の事業面における提携関係の構築・強化に向けた協議を進めていく。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ソニーサイバーエージェントKADOKAWA

企業情報(株式会社KADOKAWA)

会社名 株式会社KADOKAWA
URL http://www.kadokawa.co.jp/
設立 1954年4月
代表者 松原眞樹/井上伸一郎
決算期 3月
直近業績 売上高2086億0500万円、営業利益27億0700万円、経常利益42億0500万円、最終損益40億8500万円の赤字(2019年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 9468

企業情報(株式会社サイバーエージェント)

会社名 株式会社サイバーエージェント
URL http://www.cyberagent.co.jp/
設立 1998年3月
代表者 藤田晋
決算期 9月
直近業績 売上高3713億円、営業利益307億円、経常利益287億円、最終利益40億円(2017年9月期)
上場区分 東証1部
証券コード 4751

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事