決算まとめに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【決算まとめ②】ゲーム関連企業32社の7-9月は営業赤字を計...

【決算まとめ②】ゲーム関連企業32社の7-9月は営業赤字を計上した企業が4社と大幅に減少 グリー、Aimingなど6社が黒字転換を果たす

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
主要モバイルゲーム企業の2020年7~9月期の決算を引き続き振り返ってみたい。今回は、この四半期の営業赤字計上企業についてを取り上げたい。

この四半期に営業赤字を計上した企業は、データ集計対象の32社中、4社となった。前四半期に11四半期ぶりに赤字計上企業が10社を下回る9社となっていたが、そこからさらに半減する結果となった。

営業赤字を計上したのは、モブキャストHD<3664>、enish<3667>、オルトプラス<3672>、バンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>の4社で、このうちオルトプラスとBOIが前四半期の営業黒字から赤字に転落した。

オルトプラスは、売上高こそ四半期ベースで過去2番目の数字を記録したものの、この四半期は販売管理費の増加などで営業赤字にとどまった。アクセルマーク<3624>からのタイトル取得など新しい動きもあっただけに、次の四半期以降の動向があらためて注目されよう。
 

一方、この四半期で黒字転換を達成したのは、グリー<3632>、ケイブ<3760>、Aiming<3911>、LINE<3938>、セガサミーHD<6460>、ブシロード<7803>の6社となる。

中でその業績の変貌ぶりが目立ったのはAimingだ。7月16日に正式サービスを開始したスクウェア・エニックスとの共同開発タイトル『ドラゴンクエストタクト』が約2ヵ月半の寄与となっており、営業利益は前四半期の4000万円の赤字から一気に14億4000万円の黒字に転換した。

また、グリーは、前四半期に一過性の費用を計上して構造改革を実施したことで営業赤字を計上していたが、この四半期はその構造改革の成果もあり、利益率が大きく向上した。同社は、『SINoALICE(シノアリス)』のグローバル版が好調な立ち上がりとなるなど、海外展開も着々と成果を収めており、次の四半期以降も黒字体質を維持していくことが期待されるだろう。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 決算まとめ

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事