スマートフォンアプリジャム(SPAJAM)、一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)に関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > SPAJAM2020第5回予選大会が開催! 「Seasonと...

SPAJAM2020第5回予選大会が開催! 「Seasonと時の部屋」を開発したチーム「Inakamono」が最優秀賞を獲得!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


​モバイル・コンテンツ・フォーラムは、「SPAJAM 2020」第5回予選大会を10月17日から18日にかけてバーチャルハッカソンで開催した。第5回予選大会では「季節」というテーマが設定され約24時間でアプリを開発するハッカソンを開催した結果、最優秀賞を勝ち取り本選出場を決めたのは「Seasonと時の部屋」を開発したチーム「Inakamono」となった。


【第5回予選大会 最優秀賞チーム】
・チーム名 … Inakamono
・アプリ名 … Seasonと時の部屋
・チームメンバー … 大坪 敦、林 大悟、黒澤 知之
・アプリの内容 … 家の中の様々なスマート家電と連動して、世界中の様々な場所の季節を感じることのできるアプリ「Seasonと時の部屋」を開発。コロナ禍で旅行が今までのようにできないという問題に対して、選んだ地点の気温や風速・明るさ等のデータを取得し、家の中でそれらを再現することで体験できるようにした。エアコンで気温と風速、照明で時刻に合わせた明るさを再現する。スマート家電の操作では、RATOC RemoconやPhilips Hueといった各社のシステムを使用したスマート家電をIFTTTを使用して連携を行なった。スマート家電を使用して環境を再現するというアイデアや、作品の今後の展望性の高さ、きちんと連携までできるようにした実装力とデモ中継したプレゼンが高く評価され、最優秀賞を獲得した。
 


【第5回予選大会 優秀賞チーム】
・チーム名:ぱんだ
 アプリ名:SakuraSAKU
 代表:武本 歩美
・チーム名:ねこじゃらし
 アプリ名:KANDAN
 代表:石塚 裕真
2020年11月7日から開催される本選大会は、各予選での最優秀5チームと全予選の優秀賞チームから選考した2~3チームが本選に出場する。


【SPAJAM2020第5回予選大会 概要】
・日程:2020年10月17日~18日
・大会形式:バーチャルハッカソン
・参加チーム数:12チーム(50名)
・テーマ:季節
・審査員:
 三淵 啓自氏 デジタルハリウッド大学大学院 デジタルコンテンツ研究科 専任教授
 千代田 まどか(ちょまど)氏 Microsoft Cloud Developer Advocate
 山口 邦雄氏 バンダイナムコスタジオ エンジニア
 玉木 英嗣氏 LINE Software Engineer(SPAJAM2018優勝者)
 工藤 卓也氏 LIFULL エンジニア(SPAJAM2019優勝者)
・出場チーム(開発アプリ):
 ニッポンダイナミックシステムズその2(Over the Seasons)
 夜に賭ける(パシャクエ)
 まじんこ学園高等部(Majinko Mamemaki)
 A Black Nail(入浴で健康! AR TubDuck)
 ぱんだ(SakuraSAKU)
 ふらんそあ(AugmentedPostcard)
 つぶやきの多い開発者ギルド(Odakazumasa)
 ねこじゃらし(KANDAN)
 第二次オイルショック帝國(Season Run)
 Inakamono(Seasonと時の部屋)
 風林火山(Halloween Quest(ハロクエ))
 Duck Team(Saison Mystere)
 

「SPAJAM2020」公式サイト

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)スマートフォンアプリジャム(SPAJAM)

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事