荒野行動-Knives Out-、NetEase Gamesに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームキャンペーン記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > NetEase、『荒野行動』× 「絶凶・戦慄迷宮~収容病棟~...

NetEase、『荒野行動』× 「絶凶・戦慄迷宮~収容病棟~」コラボを開始! プレイヤーを恐怖させるホラーマップが登場!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


NetEase Gamesは、『荒野行動』で本日10月15日より、富士急ハイランド内にある世界最大級のホラーアトラクション“絶凶・戦慄迷宮~収容病棟~"とのコラボイベントを開始した。 


戦慄迷宮をリアルに再現した『荒野行動』初のホラーマップ登場
戦慄迷宮と言えば、ホラーファンでなくとも誰もが知る世界屈指のお化け屋敷。幾度となく進化を重ね、これまでに400万人以上もの人々を恐怖の底に突き落としてきたホラーアトラクション。そんな戦慄迷宮とのコラボから、内容は当然ホラー。『荒野行動』初のホラーマップが楽しめる限定レジャーモードが登場する。

限定レジャーモード“悪夢の境界"は、1対4に分かれて行う非対称型対戦ゲーム。プレイヤーはサバイバーとキラーのどちらかを選択し、サバイバーはキラーから逃げつつエリアからの脱出を、キラーはサバイバーの全滅を狙う。
 
戦いの舞台となるマップは、“絶凶・戦慄迷宮~収容病棟~"の舞台でもある“慈急総合病院"をモチーフにした病棟。戦慄迷宮の世界観や雰囲気を存分に味わうことができる。戦慄迷宮は、あまりの恐ろしさに途中でリタイアする人も少なくない。プレイヤーの人はこの恐怖に耐えられるだろうか。
 

 
さらに、マップ内にはプレイヤーの恐怖を加速させる仕掛けが複数用意されている。突然鳴り出すピアノや意味深に置かれた鏡、かわいいけどどこか不気味なおもちゃなどホラーの定番的なアイテムがずらり。近づけば何かが起きるかもしれないけれど近づかずにはいられない、そんな恐怖心と好奇心のせめぎあいこそお化け屋敷の醍醐味だろう。

もちろん、ただ怖いだけではなく戦略的なバトルも楽しめる。サバイバーはそれぞれ効果の異なる道具を選択してマップに持ち込むことができ、キラーは操作するキャラクターを選択可能で、キャラクターによってパッシブスキルなどの性能が異なる。サバイバーは4人で協力していかにキラーから逃れるか、キラーはサバイバーたちの能力を踏まえて、誰から狙うかを考えることが重要。

また、これはあくまでも『荒野行動』のレジャーモードから、シューティング要素も用意している。キラーはキャラクターごとに用意した武器を使って、サバイバーを攻撃することができる。サバイバーは撃たれないよう障害物や扉などをうまく利用して、キラーから逃げなくてはならない。随所で普段からのゲームプレイ経験が活きるシーンがあるはず。
 
 

オンラインで手軽かつ本格的なお化け屋敷を体験
感染症の影響で実際のお化け屋敷に足を運びづらい昨今だが、『荒野行動』であれば感染のリスクをまったく気にせず、ハイクオリティなホラー体験を楽しむことが可能。その再現度の高さからプレイヤーは実際にお化け屋敷に足を踏み入れたような高い没入感を得られる。つまり、『荒野行動』ならオンラインで現実のお化け屋敷に限りなく近い体験ができる。

なおゲーム内のコラボイベントに先駆けて、10月14日よりオフラインコラボイベントが実施中。富士急ハイランドの来場者に『荒野行動』のグッズがもらえるキャンペーンが行われている。
 


 
■『荒野行動-Knives Out-』
 

公式サイト

公式Twitter

App Store

Google Play



©1997-2019 NetEase, Inc.All Rights Reserved.
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 荒野行動-Knives Out-NetEase Games

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事