セガサミーホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > セガサミークリエイション、20年3月期の最終損失は15億62...

セガサミークリエイション、20年3月期の最終損失は15億6200万円…カジノ機器の開発・製造・販売、遊技機の受託開発など

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
セガサミークリエイションの2020年3月期(第7期)の決算は、最終損失15億6200万円だった。引き続き債務超過となっている。10月9日付の「官報」に掲載された決算公告で判明した。前の期(2019年3月期)の実績は、9億5500万円の赤字だった。

同社は、セガサミーホールディングス<6460>の傘下で、カジノ機器の開発・製造・販売、遊技機の受託開発並びにアドバイザリー業務を主な事業内容としている。セガIPを活用したスロットゲームの展開でも注目を集めた。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( セガサミーホールディングス

企業情報(セガサミーホールディングス株式会社)

会社名 セガサミーホールディングス株式会社
URL http://www.segasammy.co.jp
設立 2004年10月
代表者 里見治/鶴見尚也
決算期 3月
直近業績 売上高3236億円)、営業利益177億円、経常利益145億円、最終利益89億円(2018年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 6460

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事