20年4-6月決算、バンダイナムコホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > バンナムHD、家庭用ゲームの売上が40%増の250億円に大幅...

バンナムHD、家庭用ゲームの売上が40%増の250億円に大幅増 「ドラゴンボール」や「ダークソウル」「鉄拳7」のリピート販売が欧米で拡大

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
バンダイナムコホールディングス<7832>は、この日(8月7日)、2021年3月期の第1四半期(4~6月)の決算を発表し、家庭用ゲームソフトの売上高が前年同期比で39.6%増の250億円と大幅に増えたことを明らかにした。

地域別の販売本数をみると、アメリカが同85.1%増の366万3000本、ヨーロッパが同176.0%増の457万9000本と海外での販売が大きく伸びた。ただ、日本については同7.4%増の76万3000本にとどまった。

同社によると、「ドラゴンボールZ カカロット」などのシリーズタイトル、「TEKKEN(鉄拳)7」、「ダークソウル」シリーズなどの既存タイトルのリピート販売が海外を中心に伸びたという。

ネットワークエンターテインメント事業の業績は、売上高が同9.3%増の778億円、セグメント利益が同35.2%の195億円と利益が大きく伸びたが、採算性の高いリピート販売の伸びによるところが大きいようだ。

なお、スマートフォンゲームやオンラインゲームなどを提供するネットワークコンテンツの売上高は同4.0%増の495億円とプラスだった。四半期売上高500億円前後で推移しており、伸び悩んでいる印象も受ける。
 



 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( バンダイナムコホールディングス20年4-6月決算

企業情報(株式会社バンダイナムコホールディングス)

会社名 株式会社バンダイナムコホールディングス
URL http://www.bandainamco.co.jp/
設立 2005年9月
代表者 田口 三昭
決算期 3月
直近業績 売上高7239億8900万円、営業利益757億7500万円、経常利益797億9700万円、最終利益576億6500万円(2020年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 7832

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事