20年4-6月決算、コロプラに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > コロプラ、3Q期間(4~6月)はM&Aや白猫アニメ放映で費用...

コロプラ、3Q期間(4~6月)はM&Aや白猫アニメ放映で費用が増加 新型コロナで既存タイトルに「マイナスの影響は出ていない」(馬場社長)

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
コロプラ<3668>は、8月5日、2020年9月期の第3四半期累計(10~6月)の連結決算を発表した。今回は同日に実施されたテレフォンカンファレンス(電話会議)による説明会の内容も踏まえて、第3四半期(4~6月)の状況などを取り上げたい。

同社の第3四半期期間(4~6月)業績は、売上高が前四半期比7.7%減の103億円、営業利益は同47.4%減の18億7200万円、経常利益は同50.0%減の17億9900万円、最終利益は同49.5%減の13億1100万円となった。

もともと同社は第2四半期に『クイズRPG魔法使いと黒猫のウィズ』と『アリス・ギア・アイギス』、第4四半期に『白猫プロジェクト』『白猫テニス』の周年を迎えるため、第3四半期はその狭間で例年厳しい傾向があるが、『白猫PJ』の「鬼滅の刃」とのコラボにより売上高は健闘したという。

一方、MAGES.のM&Aや「白猫PJ」のアニメ放映により費用が増加し、利益率は低下した。
 

なお、新型コロナウイルスの流行については、既存タイトルではゲーム内イベントの開催を一部見合わせたものの、外出自粛の影響もあり、DAUやプレイ時間、継続率が安定して推移するなど「マイナスの影響は出ていない」(馬場社長)という。

ただ、新作開発などは、「これから企画を詰める部分などに影響した」(同)ほか、スタジオが使えなかったりした影響もあったため、開発が遅延しているとのこと。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( コロプラ20年4-6月決算

企業情報(株式会社コロプラ)

会社名 株式会社コロプラ
URL http://colopl.co.jp/
設立 2008年10月
代表者 馬場功淳
決算期 9月
直近業績 売上高389億2000万円、営業利益29億5200万円、経常利益16億5500万円、最終利益10億7000万円(2019年9月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3668

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事