20年1-3月決算、ワコムに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ワコム、20年3月期の営業利益は34%増の55億円 サムスン...

ワコム、20年3月期の営業利益は34%増の55億円 サムスン最新機種などスマホ向けの売上伸びる ペンタブレット製品は低調

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
ペンタブレット製品で知られるワコム<6727>の2020年3月期の連結業績は、売上高が885億8000万円(前の期比1.0%減)、営業利益は55億6600万円(同34.1%増)、経常利益は51億9400万円(同25.2%増)、最終利益は39億1700万円(同1.7%増)と大幅な増益を達成した。

同社では、ペンタブレット製品「インテュオス」や、「Bamboo Ink」などの売上が低下したものの、スマートフォンやタブレット・ノートPC向けの売上が伸びた。特にサムスンの最新スマートフォン向けの売上が伸びた。

 


主力のクリエイティブビジネスにおいて、ディスプレイ製品の新製品の拡販に努めたが、ペンタブレット製品などの販売が前年同期を下回ったことにより同ビジネスの売上高は前年同期を僅かに下回った。さらに、コンシューマビジネスとビジネスソリューションの売上高も前年同期を下回ったことから、ブランド製品事業全体としての売上高は、前年同期を小幅に下回った。

テクノロジーソリューション事業については、デジタルペン技術の事実上の標準化に取り組むとともに、タブレット・ノートPC市場での利用拡大や教育市場での事業機会の拡大に努めた。当連結会計年度では、タブレット・ノートPC向けの売上が前年同期を僅かに下回ったが、スマートフォン向けの売上が前年同期を上回ったことなどから、テクノロジーソリューション事業全体としての売上高は、前年同期を僅かに上回った。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ワコム20年1-3月決算

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事