UUUMに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(4/30)】『DQタクト』リリース期待などを...

【ゲーム株概況(4/30)】『DQタクト』リリース期待などを材料にAimingがS高 吉本興業とMCNで提携のUUUMもS高 大手ゲーム株に売り物目立つ

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
4月30日の東京株式市場では、日経平均は反発し、前日比422.50円高の2万193.69円で取引を終えた。米ギリアド・サイエンシズが「レムデシビル」の臨床試験で新型コロナウイルスの治療薬としての有効性を示したと発表したことで、経済活動の再開につながることへの期待が広がり、買い物が先行した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、Aiming<3911>がストップ高した。Aimingは、4月28日に発表した第1半期決算は大幅減収・赤字転落となったものの、スクウェア・エニックスとの協業タイトル『ドラゴンクエストタクト』のリリースが接近しているのではとの期待感や、受託ビジネスの収益貢献期待などが今後を見据えた評価材料となっているようだ。

また、enish<3667>やブシロード<7803>、ギークス<7060>などが高く、周辺株では吉本興業からマルチチャンネルネットワーク(MCN)運営権の一部を譲受するとともに、業務提携契約を締結すると発表したUUUM<3990>がストップ高した。

半面、コーエーテクモHD<3635>やスクウェア・エニックスHD<9684>、カプコン<9697>など大手ゲーム株の売り物が目立ち、4月28日の決算銘柄ではバンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>とLINE<3938>がさえない。

カヤック<3904>は5日ぶりに反落した。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( UUUMAiming

企業情報(株式会社Aiming)

会社名 株式会社Aiming
URL http://aiming-inc.com/
設立 2011年5月
代表者 椎葉 忠志
決算期 12月
直近業績 売上高68億2900万円、営業損益29億4900万円の赤字、経常損益29億4700万円の赤字、最終損益29億7200万円の赤字(2017年12月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3911

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事