19年10-12月決算、アエリアに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > アエリア、19年12月期は営業益20%増に 計画対比では売上...

アエリア、19年12月期は営業益20%増に 計画対比では売上高・利益とも下ブレ着地 アフィリエイト広告苦戦や『CUE!』の償却費増加で

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
アエリア<3758>は、2月14日、2019年12月期の連結決算を発表、売上高283億4700万円(前々期比9.9%減)、営業利益22億6500万円(同20.7%増)、経常利益22億900万円(同36.8%増)、最終利益15億1400万円(前々期13億8000万円の赤字)となった。
 

なお、昨年11月14日に開示した業績予想との対比でみると、売上高は5.5%減、営業利益は29.2%減、経常利益は26.4%減、最終利益は24.3%減といずれも予想を下回っての着地となった。
 

売上高は、コンテンツ事業のスマートフォン向けゲーム『A3!(エースリー)』と『蒼焔の艦隊』の収益は好調に推移したものの、ITサービス事業のアフィリエイト広告収入が減少した。また、各利益項目については、減収の影響に加え、アセットマネージメント事業において不動産市況の変化に伴いリスクコントロールを行ったことと、コンテンツ事業の新作『CUE!(キュー)』の売上状況を踏まえ、タイトル開発費の償却期間を短くしたことで償却費が増加したも減益の要因となっている。

各セグメントごとの状況は以下のとおり。

①ITサービス事業…売上高51億5300万円(前々期比14.9%減)、営業利益4億4700万円(同7.0%減)
オンライン電子出版に特化したアフィリエイトプラットフォーム事業を行うファーストペンギンと、データサービス事業を行うエアネットが安定した収益を獲得したが、アフィリエイト広告収益の減少により売上高および営業利益が減少した。

②コンテンツ事業…売上高は169億7300万円(同19.0%増)、営業利益17億5900万円(同90.7%増)
サイバードがグループに加わった影響と、スマートフォン向けゲーム『A3!(エースリー)』『蒼焔の艦隊』の収益が好調に推移したことにより売上高、営業利益とも増加した。

③アセットマネージメント事業…売上高63億7900万円(同36.3%減)、営業利益5700万円(同87.3%減)
不動産市況を考慮しリスクコントロールを行った結果、売上高および営業利益が減少した。

なお、続く2020年12月期通期の連結業績予想は、従来予想から変更なく、売上高285億円(前期比0.5%増)、営業利益27億円(同19.2%増)、経常利益25億円(同13.2%増)、最終利益17億円(同12.3%増)の見込み。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 19年10-12月決算アエリア

企業情報(株式会社アエリア)

会社名 株式会社アエリア
URL http://www.aeria.jp/
設立 2002年10月
代表者 長嶋貴之、小林祐介
決算期 12月
直近業績 売上高158億7100万円、営業利益26億9100万円、経常利益27億6000万円、当期純利益20億8000万円(2017年12月期)
上場区分 JASDAQ
証券コード 3758

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事