RAGE、CyberZに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームeSPORTS記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 「RAGE」が「オンライントレーディングカードゲームを同時に...

「RAGE」が「オンライントレーディングカードゲームを同時に同一会場でプレイした最多人数」でギネス世界記録を達成!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」を運営するCyberZ、エイベックス・エンタテインメント、テレビ朝日は、1月25・26日に幕張メッセで開催された「RAGE Shadowverse2020Spring バトルフェスティバル powered by SHARP」において、ギネス世界記録を達成したことを発表した。

「RAGE Shadowverse」予選大会は、オフライン大会での参加者がvol.3で約1,000人、vol.4では関東で2,000人越え、関西で1,000人を越えた。その後、東西合わせて8,000人を超える参加者が集まる国内最大級のeスポーツ予選大会に成長。2019年以降は、海外からの参加も可能となり、拠点を関東のみに集約し一堂に6,000人が会す予選大会を年に複数回行ってきた。今回の「RAGE Shadowverse2020Spring バトルフェスティバル powered by SHARP」予選大会では、中学生の参加が可能になりエントリーの人数は過去最大の1万人を超え、ギネス世界記録に挑戦した。

配信アーカイブ:
Day1:https://www.openrec.tv/live/nqz57vmgdrv
Day2:https://www.openrec.tv/live/mlrlld2eprg

■達成したギネス世界記録について

「RAGE Shadowverse2020Spring バトルフェスティバル powered by SHARP」で「オンライントレーディングカードゲームを同時に同一会場でプレイした最多人数(Most people locally playing an online trading card game simultaneously)」のギネス世界記録6,086人を見事に記録した。

・記録タイトル
「オンライントレーディングカードゲームを同時に同一会場でプレイした最多人数」
「Most people locally playing an online trading card game simultaneously」
・日時:2020年1月25日
・会場:幕張メッセ7.8ホール
・認定数:6,086人

■エントリー人数は過去最大の1.1万人越え!

・会場の様子 <ギネス世界記録達成の瞬間>
「RAGE」総合プロデューサー大友氏と『Shadowverse』総合プロデューサーの木村氏がステージに上がると会場にいる選手たちから熱い視線が送られた。今回ギネス世界記録に挑戦した意図を大友氏は「過去最大の参加人数に挑戦しようということでより多くの方に『Shadowverse』の大会シーンを体感したく思ったのが今回チャレンジした背景」と語った。また木村氏は「予選にほぼ全員、出たい人が出れるという良い機会になれたのかな 」とコメントした。メインステージの巨大ビジョンに、これまでの「RAGE」の軌跡を収録した映像が流れ、最後に公式認定員より「ギネス世界記録達成のために超えなくてはならない人数」として「6,000人以上」と発表された。結果として「6,086人」という人数が発表されると会場から大きな歓声があがり、公式認定証が大友氏に手渡され大きな拍手でつつまれた。大友氏は「皆さんに協力いただいてなし得たと思う。本当に嬉しく思います」とコメント、木村氏も「今日来て頂いた皆さんにギネスを取らせて頂いた」と感無量の様子だった。最後に大友氏から「これをキッカケにRAGEShadowverseブランドをもっともっと多くの人に知ってもらって、もっともっとプレイヤーの方に楽しんでもらえるようなイベント作りを我々運営も努力していきたいと思います」と感謝を伝えた。

<予選大会Day1>
朝早くから続々と会場には選手が集まった。広い会場を埋め尽くすように設置された対戦テーブルはこの後の白熱したバトルを期待させ、まるで嵐の前の静けさだった。過去最大規模の約6086名の「Shadowverse」プレイヤーが激突し、Day2への進出を目指して熱きバトルが繰り広げられた。結果、約650名の参加者がDay2へと進んだ。

<予選大会Day2>
Day2からは過去ファイナリストや各大会で1位を獲得した選手がシード権保有者として参戦した。ファイナリストや王者が入り乱れハイレベルなバトルが1回戦から多々見受けられた。

■ステージコンテンツ(順不同)
<シャドバクイズ王決定戦>+<シャドバ学力テスト>※Day2


154名の精鋭たちが己の『Shadowverse』知識を試す学力テストに参加した。 点数が高かった上位5名を対象にメインステージで「シャドバクイズ王決定戦」が行われた。ゲストとして決勝にはブルゾンちえみwithBさん&砂川信哉さん&名古屋OJAベビースターのさに選手が駆けつけて「シャドバクイズ王決定戦」を盛り上げた。特に「ブリリアン」のダイキさんは自身が『Shadowverse』の大ファンと公言し、強い意気込みで参加した。見事「シャドバクイズ王決定戦」で優勝を手にしたvert(ベール)さんは「めっちゃ嬉しいです。難易度おかしくないですか?」とコメントし、出題された問題が如何に難しかったかが伺える一面も垣間見れた。

<エキシビジョンチームマッチ>

「ブリリアン」のダイキ率いる「チームダイキ」とDay2への進出を逃したプレイヤーによる対戦企画が実現した。ダイキさんの真剣な様子にシャドバ愛を感じることができた企画となった。

■サイドイベント(順不同)
<バトルフェスティバルチーム大会>

「次回 RAGE Shadowverse Day2シード権」を目指して3人1組のチーム編成で対戦する形式となっている。約200チームの頂点に立ったのはチーム「3匹の子豚ちゃん」のkeysalvia選手&oya選手&しんり選手。

<アンリミテッド大会>※Day2

事前応募で集まった約450名の参加者が「次回 RAGE Shadowverse Day2シード権」を目指してバトルを繰り広げた。見事頂点に立ったのは、まりりん/BFF選手。

<2pick大会>※Day2


事前応募で集まった約450名の参加者が「次回 RAGE Shadowverse Day2シード権」を目指してバトルを繰り広げた。見事頂点に立ったのは、おねむ@西河軍団選手&かりん党選手でした。

<4人フライト式トーナメント supported by AQUOSzero2>

当日その場に集まった『Shadowverse』プレイヤー4人1組がトーナメントで対戦する「RAGE」ではお馴染みとなった人気サイドイベント。このイベントでは有機ELディスプレイで世界最軽量の141g&ゲーミングモードも搭載したSHARPの最新端末「AQUOS zero2」を使用して端末や『Shadowverse』アカウントを持っていない方、普段はプレイできないカードやデッキを試したい方などが各々に楽しんでいた。2日間、参加希望者の列が途絶えるこなく終始盛り上がりをみせていた。またスポンサーとして今大会にも協賛しているSHARPのブースでは、充電エリアや「AQUOS zero2」の製品展示があり、大会参加者は最新端末に触れてゲームをしたり、次のバトルに備えて自身の端末を充電するなど個々に楽しんでいた。

<星取りバトル>

恒例の人気企画の一つ「星取りバトル」は、時間内に多くの参加者に勝利してたくさん星を集めるイベント。集めた星はカードパックチケットな『Shadowverse』ゲーム内アイテムや非売品グッズが当たる抽選券になり、参加者は希望のグッズを目指して奮闘していた。

<その他の会場コンテンツ>

・出前館ブース
出前館ブースでは、アツアツの吉野家の牛丼が注文でき、会場内でバトルの合間に小腹を空かせた参加者たちは各々にサービスを利用して出来立ての牛丼を食べていた。

・物販ブース
『Shadowverse』ラバーマットを中心に早くから売り切れになる商品もあり、参加者は大会参加の記念として購入していた。

・公式参加認定証受付
予選大会の1日目に見事ギネス世界記録を達成した会場内では、大会参加者が記念として公式参加認定証を購入することができ、多くの方が列をなして購入申込みをしていた。

■「RAGE Shadowverse2020Spring powered by SHARP 」GRAND FINALS 出場者決定!

予選大会を勝ち抜いたファイナリスト8名左からイシのハラ選手、Shimon/REV選手、Moon選手、pazuu選手、Esuna/BFF選手だいふくJC/BFF選手、6@楓選手、ねぎま選手。2020年3月15日ベルサール渋谷ガーデンで開催する「RAGE Shadowverse2020Spring powered by SHARP」GRAND FINALSで今大会のファイナリスト8名(イシのハラ選手、Shimon/REV選手、Moon選手、pazuu選手、Esuna/BFF選手、だいふくJC/BFF選手、6@楓選手、ねぎま選手)が頂点を競う。「RAGE Shadowverse2019Autumn」準優勝のpazuu選手が優勝を目指し再びファイナリストとして勝ち上がったり、同じ所属チームのメンバー同士が初戦でぶつかるなど見応えのある楽しみな組み合わせとなった。

■次回大会告知/「RAGE Shadowverse2020Spring powered by SHARP 」GRAND FINALS

今回の予選大会を勝ち抜いた8名が優勝の座をかけて戦う「RAGE Shadowverse2020Spring powered by SHARP」GRAND FINALSは、観戦無料。

大会名:「RAGE Shadowverse2020Spring powered by SHARP」GRAND FINALS
日程:2020年3月15日
場所:ベルサール渋谷ガーデン
詳細:後日公開
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( RAGECyberZ

企業情報(株式会社CyberZ)

会社名 株式会社CyberZ
URL https://cyber-z.co.jp/
設立 2009年4月
代表者 山内 隆裕
決算期 9月
直近業績
上場区分 未上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事