19年10-12月決算、サイバーエージェントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > サイバーエージェントのゲーム事業、広宣費適正化で営業益60%...

サイバーエージェントのゲーム事業、広宣費適正化で営業益60%増 『ワールドフリッパー』と『ブレイドエクスロード』貢献 既存苦戦も周年で巻き返しへ

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


サイバーエージェント<4751>の第1四半期(2019年10~12月)のゲーム事業の営業利益は、前年同期比で60.3%増の51億円と大幅な増益となった。YouTube Liveで配信した決算説明会に出演した藤田晋社長(写真)は、前年同期で膨らんでいた広告宣伝費を適正化したことが奏功した、と説明した。
 


また、売上高は、同3.1%減の352億円と減収だった。Cygamesの新作タイトル『ワールドフリッパー』と、アプリボットの『ブレイドエクスロード』が貢献した一方、既存タイトルの10月の運営成績が厳しい状況にあったため、と述べた。
 


ただし、既存タイトルは1~3月は反転する見通しだ。足元1月が好調な立ち上がりのうえ、『グランブルファンタジー』と『プリンセスコネクト Re:Dive』、『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』が周年を迎える。「周年で大きく伸ばす傾向があるので力を入れている」(藤田社長)。
 


今後のリリース予定タイトルは以下のとおり。『この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ』と『キックフライト』、『グランブルーファンタジー ヴァーサス』のリリースを控えている。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 19年10-12月決算サイバーエージェント

企業情報(株式会社サイバーエージェント)

会社名 株式会社サイバーエージェント
URL http://www.cyberagent.co.jp/
設立 1998年3月
代表者 藤田晋
決算期 9月
直近業績 売上高3713億円、営業利益307億円、経常利益287億円、最終利益40億円(2017年9月期)
上場区分 東証1部
証券コード 4751

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事