ハピネットに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ハピネット、2020年3月期の最終利益を53%下方修正、28...

ハピネット、2020年3月期の最終利益を53%下方修正、28億円→13億円に ヒット商品不在で年末商戦不振 配当予想は引き上げ

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
玩具卸大手のハピネット<7552>は、本日(1月23日)、2020年3月通期の連結業績予想を下方修正した。同社によると、最大の商戦期である年末商戦で大きなヒット商品に恵まれず、各事業ともに売上が低調に推移したことや、それに伴う滞留在庫の評価損失を計上したことが響いたという。

修正した業績見通しは、売上高2200億円(前回予想2400億円)、営業利益27億円(同50億円)、経常利益25億円(同48億円)、最終利益13億円(同28億円)だった。従来予想からの修正率は、売上高が8.3%減、営業利益が46.0%減、経常利益が47.9%減、最終利益が53.6%減だった。

 


ただし、期末の配当予想については、1株あたり20円から30円に引き上げた。中間期の20円と合わせて年間配当は前期と同じ50円となる。安定的な配当を維持する、としている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ハピネット

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事