19年7-9月決算、イグニスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > イグニス、19年9月期は売上高14%増、7.4億円の営業赤字...

イグニス、19年9月期は売上高14%増、7.4億円の営業赤字を計上 『ぼくとドラゴン』と『猫とドラゴン』の譲渡などで今期は大幅減収見込む

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
イグニス<3689>は、11月13日、2019年9月期の連結決算を発表、売上高55億7100万円(前々期比14.3%増)、営業損益7億4400万円の赤字(前年同期25億3200万円の赤字)、経常損益8億6700万円の赤字(同25億7100万円の赤字)、最終損益6億3100万円の赤字(同26億5100万円の赤字)となった。
 

恋愛・婚活マッチングサービス「with」など「コミュニティ」のジャンルが連結売上高に大きく貢献し、売上高は前々期比で増収となったものの、注力事業であるVR分野に対する先行投資による研究開発費の増加などで前年同期に続き大幅な赤字計上となった。

・「コミュニティ」ジャンル
恋愛・婚活マッチングサービス「with」において、他社類似サービスとの差別化を図るべく、心理学やAIを活用して最適な男女のマッチングを目指し、各種診断イベントの実施や、レコメンド機能である「For You」機能を新たに追加するなどの施策を講じた。これらの施策のほか、国内でオンラインマッチングサービスが急速に浸透してきていることも追い風となり、2019年9月末時点におけるユーザー数は230万人を突破するなど、サービスは引き続き順調に成長した。この結果、る当ジャンルの売上高は前々期比72.2%増となっている。

・「ゲーム」ジャンル
主力タイトルである『ぼくとドラゴン』が配信開始から5年目に突入し、既存ユーザーの満足度向上と収益の安定化を目指すため、季節イベントの強化や、他社人気IPとのコラボレーションを多数実施するなど、ユーザーとのエンゲージメントを高めるサービス運用を行ってきた。また、2019年4月3日には、同社グループ初のブラウザゲームである『猫とドラゴン』の提供を開始した。

また、2018年12月12日に提供を開始した『でみめん』については、ユーザー課金率および新規ユーザー獲得数が伸び悩み、新キャラクターや各種イベントの実施など、施策に講じてきたが、大幅な改善に至らなかったことから、2019年12月12日をもってサービスを終了することを決定した。

スマートフォン向けゲームマーケットの競争は一層激化してきており、プロモーションを中心とした的確なコストコントロールを続けたものの、既存タイトルと、新規タイトルの売上寄与は共に限定的となり、ゲーム事業全体の売上高は前々期比15.4%減となった。

・「その他」ジャンル
「VR」分野では、新時代の音楽イベントである、バーチャルライブとバーチャル握手会を楽しむことができるバーチャルライブアプリ「INSPIX LIVE」を、2019年8月13日にリリースした。同年8月23日には、VRアイドル「えのぐ」が同アプリのリリース記念ライブを、同年9月26日には無料ライブを実施し、ユーザーのにバーチャルライブを提供した。その他にも、今後、複数の他社IPが「INSPIX LIVE」上でバーチャルライブの実施を予定しているなど、他社IPの誘致も順調に進んでいる。さらに、2019年9月18日には第32回東京国際映画祭VR特設ステージへの「INSPIX LIVE」の技術提供を発表し、新
時代のバーチャルライブ体験を創造するために新たな活動を推進している。

VRアイドル分野においては、業務提携先であるVRタレントのマネジメントを専門とする岩本町芸能社所属のVRアイドル「えのぐ」が、精力的に活動している。芸能プロダクションの運営を行う、連結子会社VOYZ ENTERTAINMENTは、所属タレントである「VOYZ BOY」が活動をしているほか、2019年9月2日には、「二次元と三次元を行き来する」5人組ボーイズグループ「学芸大青春(ガクゲイダイジュネス)」が活動を開始した。

VR医療分野は、順天堂大学との共同研究である「VRアプリケーションによる慢性痛み刺激の緩和の臨床研究」について、2019年6月にパイロット提供を開始した。「AI」分野では、持分法適用会社であるロビットにおいて、AIを活用したピッキングロボの精度を高めるソフトを開発し、工場の自動化を進める自動車部品メーカーなどへの導入を目指している。

■今期は売上高28%減の見込み 『ぼくとドラゴン』と『猫とドラゴン』をドリコムに譲渡
なお、2020年9月期通期の連結業績予想は、売上高40億円(前期比28.2%減)の見込み。「ゲーム」ジャンルで、前述の通り、『でみめん』のサービスを終了するとともに、プロジェクトの選択と集中の観点から『ぼくとドラゴン』と『猫とドラゴン』の2タイトルをドリコム<3793>に譲渡(関連記事)することを決定した。これにより、「ゲーム」ジャンルの2020年9月期の売上高は大幅に減少する見通しとなっている。
 

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( イグニス19年7-9月決算

企業情報(株式会社イグニス)

会社名 株式会社イグニス
URL http://1923.co.jp/
設立 2010年5月
代表者 銭 錕(センコン) / 鈴木 貴明
決算期 9月
直近業績 売上高は20億4700万円、営業利益5億6100万円、経常利益5億4500万円、当期純利益3億900万円(14年9月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3689

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事