城とドラゴン、ドリコムに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームM&A記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ドリコム、『ぼくとドラゴン』と『猫とドラゴン』を5.2億円で...

ドリコム、『ぼくとドラゴン』と『猫とドラゴン』を5.2億円で取得 イグニスはゲーム事業から撤退

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
ドリコム<3793>は、本日(11月13日)、イグニス<3689>の子会社スタジオキングが提供・運営するスマートフォン向けゲームアプリ『ぼくとドラゴン』及びブラウザゲーム『猫とドラゴン』の2タイトルを5億2000万円(予定)で取得することを明らかにした。両タイトルの決算数字は、2019年9月期で、売上高が21億3300万円、営業利益が5億1100万円となる。基本合意契約はすでに締結し、年内に譲渡契約を締結する予定。譲渡価格とともに詳細は今後協議して決める。

ドリコムでは、運用ポートフォリオの経済的かつ効率的な拡大が可能と判断した、としている。特に『ぼくとドラゴン』は、リリースから5年が経過した今もユーザーの高い支持を継続的に獲得している人気タイトルで、ゲームIPとしてもマーケットで高いプレゼンスを有する良質なコンテンツとし、ドリコムの強みであるIPゲームの開発・運用力を活かすことで一層の成長が期待できるという。




一方、昨今スマートフォン向けゲームマーケットの競争は一層激化しており、プロモーションを中心とした的確なコストコントロールやゲーム内における各種イベント等の施策を講じたものの、売上高への寄与は限定的で、ゲーム事業の売上高は当初予想を大きく下回った。これを踏まえ、抜本的な構造改革が不可欠と判断した。ゲーム事業からは事実上撤退し、今後はマッチングサービス『with』とVR・エンタメに経営資源を集中する考え。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ぼくとドラゴンドリコム城とドラゴン

企業情報(株式会社ドリコム)

会社名 株式会社ドリコム
URL http://www.drecom.co.jp/
設立 2001年11月
代表者 内藤裕紀
決算期 3月
直近業績 売上高131億9200万円、営業利益1億9000万円、経常損益2900万円の赤字、最終損益2億0400万円の赤字(2018年3月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3793

企業情報(株式会社イグニス)

会社名 株式会社イグニス
URL http://1923.co.jp/
設立 2010年5月
代表者 銭 錕(センコン) / 鈴木 貴明
決算期 9月
直近業績 売上高は20億4700万円、営業利益5億6100万円、経常利益5億4500万円、当期純利益3億900万円(14年9月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3689

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事