Sp!cemartゲームアプリ調査隊、スパイスマートに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム連載記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【連載】Sp!cemartゲームアプリ調査隊Vol.3 〜初...

【連載】Sp!cemartゲームアプリ調査隊Vol.3 〜初週で全世界1億DLを記録した『Call of Duty®: Mobile』、リリースから直近1ヵ月の運営施策を探る〜

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

スマートフォンゲームの日々の運用とその効果をリサーチし、ゲーム関連企業へマーケティングデータを提供するSp!cemart(スパイスマート)。ゲームアプリの運用情報をいつでもウォッチできる「Sp!cemartカレンダー」や、毎月発行しているレポートを提供している。
 
なかでもカレンダーは、セールスランキング上位のモバイルオンラインゲームのゲームシステム・運用施策をダッシュボード形式のWEBツールとして提供。ゲーム内プロモーション施策の効果測定やセールスランキングと運用効果の相関関係を時系列で分析ことができる。
 
本連載記事ではSp!cemart協力のもと、カレンダー機能を用いた、ランキング上位タイトルの直近のゲーム内施策を分析。今回は『Call of Duty®: Mobile』をピックアップする。

 

「Sp!cemartカレンダー」
お問い合わせ

 
(以下、Sp!cemartゲームアプリ調査隊より)
 

■初週で全世界1億DLを記録 。国内における売上インパクトも


​  
■『Call of Duty®: Mobile』
提供:Activision Publishing, Inc.
リリース日:2019年10月1日

 
本作は、世界中で多くのファンを持つ人気FPSシリーズのモバイル版。シリーズならではのマルチプレイモードをはじめ、100人がぶつかり合うバトルロイヤル、展開が速い5対5のTEAM DEATHMATCH、身の毛もよだつゾンビアクション、スナイパーvsスナイパーの戦いまで、多種多様なシューティングモードを兼ね備えています。
 
『荒野行動』や『PUBG MOBILE』など、コアな対戦シューティングゲームが日本でも浸透してきた昨今、満を持して人気ゲームIPの本格スマホゲームが登場しました。
 
海外の調査会社Sensor Towerによると、本作はリリース一週間で全世界1億ダウンロードに達したとのこと(関連記事)。先日紹介した『マリオカート ツアー』の9000万ダウンロード(関連記事)を凌ぐ数字を叩き出しました。売上は1,770万ドル(円換算で約19億円)。国・地域別では、米国が760万ドル(8億1500万円)と最も多く、日本が240万ドル(2億5700万円)と続きました。
 
それでは、『Call of Duty®: Mobile』の直近におけるランキング推移と施策について、「Sp!cemartカレンダー」で覗いてみましょう。
 

■ゲリラ的に開催されるセールイベント

 
『Call of Duty®: Mobile』【調査期間:2019年9月30日~10月31日】


直近1ヵ月として、リリース日を含む2019年10月1日(火)~10月31日(木)のランキング推移を見てみると、(App Store)セールスランキングは安定してTOP30を維持しているほか、無料ダウンロードランキングに関しては10日間以上も首位にランクインしていました。
 
本作の主なマネタイズは、有償アイテムのCPの販売です。CPはガチャや特定アイテムの購入などに使用します。CPのラインナップは以下の通り。
 
【CPのラインナップ】
・CP80(120円)
・CP400<+20サービス>(610円)
・CP800<+80サービス>(1,220円)
・CP2000<+400サービス>(3,060円)
・CP4000<+1000サービス>(6,100円)
・CP8000<+2800サービス>(12,000円)

 

ガチャ(クレート)では、武器などが排出されるボックス型を採用しています。それぞれ手に入る武器によってガチャが用意されているため、料金はさまざまですが、だいたいガチャ1回でCP80(120円)、10回でCP800(1,200円)ほど。
 
そのほか、個別で購入できる武器などの装備品が豊富に取り揃っています。これらのショップでは、基本的にゲーム内通貨を用いて購入するより、有償アイテム・CPの消費が中心です。そのため、ガチャはもとより、個別購入に対して課金キッカケがあることもうかがえます。
 
また、現在はお得なセットパックの販売、サブスクリプション型の商品なども多数販売しています。

 

Sp!cemartカレンダーを覗いてみると、期間限定セールイベントを積極的に展開していました。実際に今回の調査期間である2019年9月30日~10月31日では、施策の半数以上で期間限定セールイベントを展開。
 

海外系アプリは、ゲリラ的に商品の値下げを行うのですが、例に漏れず本作でも同様な運営方針で行われているのが分かります。ゲリラ的に行われるセールイベントは、開催日数も1日~3日など極端に短く、ユーザーへの購買意欲、もといログイン率を促すキッカケにも繋がります。
 
【施策詳細】
イベント種類(大):期間限定セールイベント
イベント種類(中):課金アイテム値下げ
開始日時:2019-10-15 00:00
完了日時:2019-10-17 23:59
価格:2,440円(40%OFF)

 

ランキングが一気に上昇し、TOP10入りを果たしたのは10月21日(月)のタイミングです。Sp!cemartカレンダーで調べてみると、「ハロウィンアップデート」を実施していました。主なアップデート内容は下記の通り。
 
・アップデート時にバトルクレート1個とエピック武器XPカード(500XP)を報酬として獲得
・ハロウィンログインイベント中、無料で武器を獲得
・新ゲーム内テーマとBGMでハロウィンを満喫
・Standoffマップが不気味な雰囲気に
・新オペレータースキル「スパロー」追加
・期間限定ゲームモード:「HARDPOINT」
・新BATTLE ROYALEチップ: 「エアボーン」
・お気に入りの武器、アイテム、オペレーターに新たな装いが登場
・ハロウィンテーマのIDコレクションイベント
・スコアストリーク:「火炎瓶」が登場

 

なかでもセールスランキングに寄与したのは、ハロウィン限定の有料ガチャ「ハロウィン・ラッキードロー」でしょう。前述したように本作のガチャでは、武器などが排出されるボックス型を採用しています。
 
それぞれ手に入る武器によってガチャが用意されているため、料金はさまざまですが、本ガチャは1回で有償CP40(60円)ほど。購入するごとに価格が上がっていくのが特徴で、課金ハードルを著しく下げていることが考えられます。

「Sp!cemartカレンダー」では、各ゲームのイベント情報をランキング推移と共に閲覧できます。自社はもとより、競合他社の施策一覧を取りまとめた分析などにもご活用できます。ぜひ、ご興味がある方はお問い合わせページからご連絡ください。
 

「Sp!cemartカレンダー」
お問い合わせ

 

■執筆 <株式会社スパイスマート>
スマートフォンゲーム内運用に関する調査・分析を行うリサーチ事業とコンサルティング事業を展開しており、「Sp!cemart」というサービス名称で各種ソリューションを提供。

コーポレートサイト:http://corp.spicemart.jp/
Sp!cemart 商品に関する問合せ:info@spicemart.jp
 

■Sp!cemartゲームアプリ調査隊 バックナンバー

Vol.2 〜新作リズムゲーム『欅坂46・日向坂46 UNI'S ON AIR』、リリースから直近1ヵ月の運営施策を探る〜

Vol.1 〜待望のシリーズ最新作『マリオカート ツアー』、リリースから直近1ヵ月の運営施策を探る〜
 

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Sp!cemartゲームアプリ調査隊スパイスマート

企業情報(株式会社スパイスマート)

会社名 株式会社スパイスマート
URL http://corp.spicemart.jp/
設立 2015年7月
代表者 張青淳
決算期
直近業績 非開示
上場区分 未上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事