19年7-9月決算、グリーに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > グリー、第1四半期は『シノアリス』など主力タイトルの"周年"...

グリー、第1四半期は『シノアリス』など主力タイトルの"周年"の反動でQonQ2ケタ減収 コストコントロールが効き営業益横ばい

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


グリー<3632>が10月30日に発表した第1四半期(7~9月)の連結決算は、売上高が前四半期(4~6月)との比較で16.1%減の158億円、営業利益が同1.6%減の11億8000万円と減収減益となった。1ケタ億円台としていた営業利益は想定を上回って着地した。
 


複数の周年タイトルの反動が出たことに加え、一部タイトルの外部移管、ブラウザゲームの減衰に伴い、売上が減少した。ただ、コストコントロールを効かせたことで、営業利益はほぼ横ばいに収めたという。
 


前四半期では、『SINoALICE(シノアリス)』や『戦姫絶唱シンフォギアXD』、『アナザーエデン』、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~』(ダンメモ)などで周年イベントを行っていた(関連記事)。

費用をみると、大きく減ったのは広告宣伝費。前四半期の11億8000万円から6億5000万円に減らしたほか、売上減に伴いプラットフォームへの支払手数料も減った。固定費では外注費の削減も行ったとのことだった。
 


続く第2四半期(10~12月)の業績については、営業利益は1ケタ億円台中盤を見込んでいるという。売上は主力タイトルは堅調に推移する見通しだが、ブラウザゲームは減衰する。有望なタイトルへの広告宣伝費も増やす考え。

なお、売上高と営業利益の推移は以下のとおりとなる。
 

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( グリー19年7-9月決算

企業情報(グリー株式会社)

会社名 グリー株式会社
URL http://www.gree.co.jp/
設立 2004年12月
代表者 田中良和
決算期 6月
直近業績 売上高779億円、営業利益94億円、経常利益103億円、最終利益47億円(2018年6月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3632

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事