19年4-6月決算、バンダイナムコホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > バンナム、第1四半期のゲーム事業の大幅増益は新作関連費用の減...

バンナム、第1四半期のゲーム事業の大幅増益は新作関連費用の減少と「enza」初期費用がなかったことが要因 既存タイトルのリピートやDL販売も貢献

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
バンダイナムコホールディングス<7832>は、第1四半期のネットワークエンターテインメント事業が増益となった要因について、前年同期に比べて新作が少なく、開発費と広告宣伝費が減ったことに加え、「enza」の立ち上げにかかる初期コストが今期においては発生しなかったことを大きな要因として説明した。

さらに決算短信の説明と同じく、家庭用ゲームの大型新作がない中、既存タイトルのリピート販売やフルパッケージ販売のダウンロード比率が高かったことも増益要因になったという。一般的に過年度発売タイトルは、開発費を前の期に計上するため、新作に比べて利益率が高くなる傾向にある。

同社の第1四半期のネットワークエンターテインメント事業は、売上高が前年同期比1.8%増の712億2200万円、セグメント利益は同41.4%の144億3100万円となり、営業利益が大きく伸びた。

続く第2四半期(7~9月)においては、売上高787億7800万円(前四半期比10.6%増)、営業利益65億6900万円(同54.5%減)と増収減益となる見通し。9タイトルのネットワークコンテンツを投入するほか、家庭用ゲームソフト「CODE VEIN」を9月下旬に投入する予定で、開発費とマーケティング関連費用が計上されるため、としている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( バンダイナムコホールディングス19年4-6月決算

企業情報(株式会社バンダイナムコホールディングス)

会社名 株式会社バンダイナムコホールディングス
URL http://www.bandainamco.co.jp/
設立 2005年9月
代表者 代表取締役社長 石川 祝男/代表取締役副社長 上野 和典
決算期 3月
直近業績 売上高6200億円、営業利益632億円、経常利益632億円、当期純利益441億円(2017年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 7832

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事