Fate/Grand Order(FGO)、​Netmarble(ネットマーブル)、App Storeに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームランキング記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 『DBレジェンズ』が昨年6月以来の首位、一時トップ30圏外に...

『DBレジェンズ』が昨年6月以来の首位、一時トップ30圏外に沈んだ『FGO』は「ピックアップ召喚(日替り)」開催で回復、『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』好発進…App Store売上ランキングの1週間を振り返る

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

 
6月3日~6月7日のApp Store売上ランキングの動きを振り返ってみよう。

今週のトピックスは、バンダイナムコエンターテインメントの『ドラゴンボール レジェンズ』がリリース直後の昨年6月9日以来となる首位に立ったこと。配信開始1周年キャンペーンで究極の戦士「ベジット」がSPARKINGキャラクターとして新登場したステップアップガシャを開始したことが今回の首位獲得の原動力となった。

また、先週末の記事(関連記事)でも取り上げたとおり、FGO PROJECTの『Fate/Grand Order』がトップ30圏外に沈んだことも1つのトピックスと言える。その『FGO』だが、6月5日18時より「幕間の物語キャンペーン第9弾ピックアップ召喚(日替り)」を開催し、6月6日のランキングでは前日48位から7位まで回復した。

その他、Netmarbleが6月4日にリリースしたばかりの『七つの大罪 ~光と闇の交戦(ひかりとやみのグランドクロス)~』がいきなり4位にランクインするなど、新作タイトルの中で存在感を放った。

 
■6月3日
 

6月3日10時現在のApp Storeの売上ランキング(ゲームカテゴリー)は、NetEase Gamesの『荒野行動』が週末を挟んで首位をキープした。

ランキングの動きで目立ったのは、リベル・エンタテインメントの『A3!』が土曜日の59位から16位に急浮上したことだ。『A3!』は、限定スカウト「6月の式日」を6月2日0時より開催しており、SSRに春組の卯木千景と夏組の瑠璃川幸、SRに春組に佐久間咲也が登場していることなどが売り上げにつながっているようだ。
 
出所:AppAnnie


また、週末の記事(関連記事)でも取り上げているが、FGO PROJECTの『Fate/Grand Order』がトップ30圏外に沈んだ順位に位置していることが1つのトピックスとなっている。この日は34位まで順位を回復してきているものの、各タイトルが月末月初の施策で売り上げを伸ばす中でゲーム内施策の端境期にあることが相対的に順位を落とす要因となっているようだ。2015年8月のリリースからまもなく4年となることもあり、かつてのヒットタイトルの成熟期の売り上げ動向が今後の推移の1つの参考になる可能性もありそうだ。
 
出所:AppAnnie


ほか、LINE<3938>の『LINE ポコポコ』や、コナミデジタルエンタテインメントの『遊戯王 デュエルリンクス』などがトップ30に復帰した。
 
■6月4日
 
 
6月4日10時現在のApp Storeの売上ランキング(ゲームカテゴリー)は、バンダイナムコエンターテインメントの『ドラゴンボール レジェンズ』がリリース直後の昨年6月9日以来となる首位に立った。

『DBレジェンズ』は、現在、配信開始から1周年を迎えたことを記念した1周年キャンペーンを開催中で、その中でポタラの力で合体した究極の戦士「ベジット」がSPARKINGキャラクターとして新登場したステップアップガシャ「LEGENDS ANNIVERSARY STEP-UP - GOKU -」と「LEGENDS ANNIVERSARY STEP-UP - VEGETA -」を6月3日のメンテナンス終了後から開始したことが今回の首位獲得の原動力となったようだ。
 
出所:AppAnnie


また、KLab<3656>の『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』が前日の43位から14位まで急上昇した。『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』は、6月3日より、6月13日に迎える2周年を記念した「ありがとう2周年!キャンペーン」開始しており、1997年サッカー日本代表ユニフォームを纏った新選手が登場した「たたかえ蒼き戦士たち サッカー日本代表ガチャ」を開催していることなどが順位を押し上げたもよう。
 
出所:AppAnnie


ほか、Happy Elementsの『あんさんぶるスターズ!』がトップ30に復帰した。
 
■6月5日
 

6月5日10時現在のApp Storeの売上ランキング(ゲームカテゴリー)は、ミクシィ<2121>の『モンスターストライク』が首位に立った。『モンスト』は、6月4日より、映画「プロメア」コラボを開始(関連記事)しており、映画の登場キャラクターたちが登場するコラボガチャを実施していることが首位獲得の原動力となったようだ。

この日の最大のトピックスは、Netmarbleが6月4日にリリースしたばかりの最新作『七つの大罪 ~光と闇の交戦(ひかりとやみのグランドクロス)~』がいきなり4位にランクインしてきたことだ。『七つの大罪 ~光と闇の交戦』は、TVアニメ「七つの大罪」の世界をスマートフォンで体験できるシネマティックアドベンチャーRPGとなっており、事前登録者数は300万人を突破するなど大きな期待を集めていた。まずはその期待に違わぬ好スタートを切ったと言えそうだ。
 
出所:AppAnnie


また、もう1つのトピックスとして、モバイルファクトリー<3912>の『ステーションメモリーズ!』(『駅メモ!』)が22位とApp Store売上ランキングで初のトップ30入りを果たした。『駅メモ!』は、6月26日にコロプラ版が5周年を迎えることを記念した「駅メモ!誕生5周年記念キャンペーン」を6月1日より開催(関連記事)しており、その中で5周年記念フィルム「エモーショナルステップ」が登場したガチャを6月4日15時から開始したことが順位を押し上げたもよう。『駅メモ!』は、アプリ版リリースからも4年半を迎えており、長期間成長トレンドを持続し続けていることはあらためて評価されるところだ。
 
出所:AppAnnie


ほか、DMM GAMESとニトロプラスの『刀剣乱舞-ONLINE-』や、コナミデジタルエンタテインメントの『実況パワフルサッカー』などがトップ30に復帰した。
 
 
■6月6日
 
 

6月6日10時現在のApp Storeの売上ランキング(ゲームカテゴリー)は、NetEase Gamesの『荒野行動』が首位を回復した。

トップ10圏内では、FGO PROJECTの『Fate/Grand Order』が前日の48位から7位まで急上昇した。『FGO』は、6月5日18時より、「幕間の物語キャンペーン第9弾ピックアップ召喚(日替り)」を開催(関連記事)しており、「幕間の物語キャンペーン 第9弾」に関連するサーヴァントの中から「★5(SSR)刑部姫」と「★5(SSR)李書文(アサシン)」を日替りでピックアップしていることが売り上げに貢献しているようだ。
 
出所:AppAnnie


また、KLab<3656>とブシロードの『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』が前日の170位から12位まで急浮上した。『スクフェス』は、6月5日16時より、6周年記念衣装μ's 2年生UR部員が登場した「6周年記念!限定BOX勧誘」や「6周年記念!限定ステップアップ勧誘」を開催(関連記事)していることなどが順位を押し上げたもよう。
 
出所:AppAnnie


なお、ガンホー<3765>が6月5日12時より正式サービスを開始した新作『ラグナロク マスターズ』は、47位とトップ50圏内まで順位を上げてきている。このままさらに上位をうかがうことになるのか注目されるところだ。
 
 
■6月7日
 
 

6月7日19時現在のApp Storeの売上ランキング(ゲームカテゴリー)は、ミクシィ<2121>の『モンスターストライク』が首位、2位にNetEase Gamesの『荒野行動』、スクウェア・エニックス<9684>/ポケラボ<3632>の『SINoALICE ーシノアリスー』が3位という結果になった。

『SINoALICE ーシノアリスー』は、6月6日より2周年記念の新ジョブが登場する「2ND ANNIVERSARY SELECTION」ガチャを開始、アリス(CV:M・A・O)とシンデレラ(CV:喜多村英梨)の新ジョブが登場で人気となっているようだ。

また2周年記念キャンペーンも開催しており、開催期間中1日1回、最大20日間無料で11連ガチャが回せる「毎日無料11連ガチャ」の実施や、現金100万円や300連ガチャなど豪華景品が当たる抽選への参加もあり、非常に賑やかな状況となっている。

【関連記事】
【インタビュー】2周年呪ワレタ金欲祭を迎えた『シノアリス』のクリエイターが語る…“らしさ”の詰まった、これまでの軌跡と今後の施策

 

出所:AppAnnie

 

また、コナミデジタルエンタテインメントの『ウイニングイレブン 2019』も前日から40ランクアップの6位と急上昇した。同タイトルでは6月6日に世界累計2億ダウンロードを突破ゲーム内で記念イベントを開催している。

同日よりヨハン・クライフ、デビット・ベッカム、ロベルト・カルロス、ロマーリオ、ロナウジーニョなど、スペイン・リーガエスパニョーラのレジェンドが集結しているエージェントなどを実施しており、売上に大きく貢献しているもようだ。

 

出所:AppAnnie
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)

会社名 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
URL http://bandainam.co/1mZsovM
設立 1955年6月
代表者 大下 聡
決算期 3月
直近業績 売上高2570億円、営業利益285億円、経常利益291億円、最終利益227億円(2018年3月期)
上場区分 非上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事