19年1-3月決算、東映アニメーションに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 東映、19年3月期の営業利益を172億円から229億円に大幅...

東映、19年3月期の営業利益を172億円から229億円に大幅上方修正…「ドラゴンボール」の映画とゲームアプリ貢献 「翔んで埼玉」大ヒット

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
東映<9605>は、本日(5月14日)、2019年3月期の連結業績を上方修正し、売上高1370億円(前回予想1218億円)、営業利益229億円(同172億円)、経常利益259億円(同197億円)、最終利益108億円(同88億円)とした。

前回発表予想と比較すると、売上高が12.5%増、営業利益が33.1%増、経常利益が31.5%増、最終利益が22.7%増となる。

 


同社では、劇場用映画「ドラゴンボール超 ブロリー」「翔んで埼玉」が大ヒットしたのに加え、アニメ関連で、国内外において「ドラゴンボール」シリーズのゲーム化権販売が好稼働で推移したため、と説明している。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 東映アニメーション19年1-3月決算東映

企業情報(東映アニメーション株式会社)

会社名 東映アニメーション株式会社
URL http://corp.toei-anim.co.jp/
設立 1948年1月
代表者 高木 勝裕
決算期 3月
直近業績 売上高459億円、営業利益112億円、経常利益115億円、最終利益78億円(2018年3月期)
上場区分 ジャスダック
証券コード 4816

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事