19年1-3月決算、エヌジェイホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > NJホールディングス、19年3月期の営業益は53%減の3億円...

NJホールディングス、19年3月期の営業益は53%減の3億円…ゲーム事業での増床に伴う納期ズレや費用増加の影響で

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
エヌジェイホールディングス<9421>は、5月14日、2019年3月期の連結決算を発表し、売上高110億6400万円(前の期比2.3%減)、営業利益3億0800万円(同53.7%減)、経常利益2億9900万円(同55.2%減)、最終利益1億8500万円(同64.3%減)だった。

 


同社では、主力のゲーム事業で、運営受託等の収益拡大による利益拡大や、ISAO社から承継したゲーム運営サポート事業の業績寄与があるものの、上期の増床タイミングによる新規開発案件の開始時期の下期ずれ込み等による影響のほか、納品が来期にずれ込んだ案件や収益が下振れした新規タイトルがあった、としている。増床に伴う費用や採用強化及び開発環境整備による販管費の増加も響いた。

続く2020年3月期は、売上高127億円(前期比14.8%増)、営業利益4億円(同29.8%増)、経常利益4億円(同33.7%増)、最終利益2億5000万円(同34.8%増)を見込む。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 19年1-3月決算エヌジェイホールディングス

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事