19年1-3月決算、ギークスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ギークス、2019年3月期は売上・利益とも過去最高更新 主力...

ギークス、2019年3月期は売上・利益とも過去最高更新 主力のIT人材とゲームが伸長

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ギークス<7060>は、本日(5月14日)、2019年3月期の連結決算を発表し、売上高30億5000万円(前の期比18.1%増)、営業利益5億5200万円(同45.6%増)、経常利益5億3200万円(同40.3%増)、最終利益4億1100万円(同48.2%増)と大幅増益を達成した。

 


『アイドリッシュセブン』などゲームアプリに加えて、IT人材事業と人材育成事業が好調だったとのこと。セグメント別の状況は以下のとおり。


<IT人材事業>
売上高11億0100万円(同19.5%増)、セグメント利益5億6600万円(同13.3%増)だった。各種ウェブサービス、ゲーム、フィンテック、人工知能、IoT分野において、ITフリーランスの需要が高くマッチング依頼が増加した一方で、開発案件の終了したITフリーランスの他案件へのマッチングにも注力した結果、継続契約数の増加に繋がった。

<IT人材育成事業>
売上高2億1600万円(同33.7%増)、セグメント利益3500万円(同1.0%増)だった。合宿型でプログラミングと英語を学ぶことができる「エンジニア留学」が大きな特徴となっており、エンジニア留学が好調に推移した。また、他企業からの学校受託運営売上も売上高増加へ寄与した。

<ゲーム事業>
売上高15億4100万円(同21.7%増)、セグメント利益3億1100万円(同82.7%増)だった。バンダイナムコオンラインから受託開発した「アイドリッシュセブン」と、バンダイナムコエンターテインメントと共同開発した「ツキノパラダイス。(ツキパラ。)」を運営している。また、「アイドリッシュセブン」の初の海外版となる繁体字版を2018年6月に配信を開始した。スクウェア・エニックスから受託開発した「ワールドエンドヒーローズ」については2018年11月に配信開始した。一方で、gumiと国内パブリッシング契約を締結した「カクテル王子(カクテルプリンス)」については、2018年7月に配信を停止した。

<動画事業>
売上高1億2800万円(同31.1%増)、セグメント利益3500万円(同115.9%増)だった。遊技機向けのプロモーション動画制作や新たなプロダクトとして、VR(バーチャルリアリティ)やMR(ミックスドリアリティ)等の新技術を活用した案件獲得に注力した。特に遊技機向けのプロモーション動画制作の売上が好調に推移した。

<インターネット事業>
売上高6300万円円(同310.4%増)、セグメント損益7000万円の赤字(前の期は8600万円の赤字)だった。主にゴルファー向けの情報サイト「Gridge」の運営を主軸とし、利用ユーザーの獲得に向けて積極的な先行投資を実施した。顧客企業であるメーカー各社に向けては、商品記事制作や動画・リアルイベント等を連動させた販売促進・PR活動の支援や、ゴルフ人材に特化した求人情報サイトの運営を行っている。


 
■2020年3月期の見通し

続く2020年3月通期は、売上高35億5000万円(前期比16.4%増)、営業利益6億5000万円(同17.5%増)、経常利益6億4500万円(同21.2%増)、最終利益4億0300万円(同2.1%減)を見込む。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 19年1-3月決算ギークス

企業情報(ギークス株式会社)

会社名 ギークス株式会社
URL http://geechs.com/
設立 2007年8月
代表者 曽根原 稔人
決算期
直近業績 非開示
上場区分 未上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事