19年1-3月決算、任天堂に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 任天堂、19年3月期の営業益は40%増の2497億円と大幅増...

任天堂、19年3月期の営業益は40%増の2497億円と大幅増 Switch向けソフト好調、ハード販売けん引 『スマブラSP』や『ピカブイ』1000万本超に

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

注目ワード : 

任天堂<7974>は、2019年3月期の連結決算を発表しており、売上高1兆2005億円(前の期比13.7%増)、営業利益2497億円(同40.6%増)、経常利益2773億円(同39.1%増)、最終利益1940億円(同39.0%増)となり、大幅な増益を達成した。

 


Nintendo Switchでは、ハードウェアの販売台数は1695万台(前の比12.7%増)、ソフトウェアの販売本数は1億1,855万本(同86.7%増)と大きく伸びた。ソフトウェアの販売が好調に推移し、ハードウェアの販売拡大に貢献した、としている。

とりわけ

・『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』1381万本
・『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』1063万本
・『スーパー マリオパーティ』が640万本

の販売を記録するなど全世界で大ヒットとなった。加えて、『マリオカート8 デラックス』が747万本を販売するなど、前期以前に発売したタイトルやソフトメーカーのタイトルも好調に販売本数を伸ばし、当期のミリオンセラーのタイトル数はソフトメーカー様のタイトルを含めて23タイトルとなった。

一方、発売から8年が経過したニンテンドー3DSでは、ハードウェアの販売台数は255万台(同60.2%減)、ソフトウェアの販売本数は1322万本(同62.9%減)となった。

その他、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」及び「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」は合計595万台の販売となった。

ゲーム専用機におけるデジタルビジネスでは、主にNintendo Switchのパッケージ併売ソフトやダウンロード専用ソフト等による売上が好調だったことにより、デジタル売上高は1,188億円(同95.4%増)となった。

モバイルビジネスでは、当期に配信を開始した『ドラガリアロスト』をはじめ、配信済みのアプリも国内外で多くのユーザーが楽しんでおり、モバイル・IP関連収入等の売上高は460億円(同17.0%増)となった。


 
■2020年3月期の見通し

続く2020年3月期は、売上高1兆2500億円(前期比4.1%増)、営業利益2600億円(同4.1%増)、経常利益2600億円(同6.3%減)、最終利益1800億円(同7.2%減)、EPS1511.02円を見込む。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 任天堂19年1-3月決算

企業情報(任天堂株式会社)

会社名 任天堂株式会社
URL http://www.nintendo.co.jp/
設立 1947年11月
代表者 代表取締役専務 竹田 玄洋/代表取締役専務 宮本 茂
決算期 3月
直近業績 売上高5497億円、営業利益247億円、経常利益705億円、当期純利益418億円(2015年3月期の実績)
上場区分 東証1部
証券コード 7974

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事