gumiに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(3/11)】3Q黒転と新作事前登録材料にgu...

【ゲーム株概況(3/11)】3Q黒転と新作事前登録材料にgumiがS高 エイチームとユークスは決算発表が売り材料に 外資格上げでスクエニHDが堅調

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
3月11日の東京株式市場では、日経平均株価は5日ぶりの反発となり、前日比99.53円高の2万1125.09円で取引を終えた。前週末までの4日間続落での下げ幅が700円超に達していたこともあり、自律反発狙いの買いが先行した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、gumi<3903>がストップ高まで買われるなど、3日ぶりに反発した。gumiは、先週末3月8日に発表された第3四半期決算において、四半期ベースでの営業黒字転換を果たしたことに加え、新作『乙女神楽 ~ザンビへの鎮魂歌~』の事前登録を近日開始すると発表したことが株価の刺激材料になっているようだ。

また、大手ゲーム株では、カプコン<9697>やスクウェア・エニックスHD<9684>がしっかり。スクエニHDは、クレディ・スイス証券が投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に格上げし、目標株価も3400円から4200円に引き上げたことも株価の支援材料となったもよう。

半面、先週末に発表された決算内容が売り材料となったのが、エイチーム<3758>とユークス<4334>だ。エイチームは、第2四半期までの実績による通期計画に対する進捗率の低さから計画未達への懸念が市場で広がっているようだ。一方、ユークスは、発表された2020年1月期の営業利益の大幅減益予想が市場から嫌気されている。

ほか、アエリア<3758>やドリコム<3793>などがさえない。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( gumi

企業情報(株式会社gumi)

会社名 株式会社gumi
URL http://gu3.co.jp/
設立 2007年6月
代表者 國光宏尚
決算期 4月
直近業績 売上高259億円、営業利益16億円、経常利益17億円、最終利益13億円(2017年4月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3903

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事