18年10-12月決算、イマジカ・ロボット ホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > IMAGICA GROUP、第3四半期は6.9億円の営業赤字...

IMAGICA GROUP、第3四半期は6.9億円の営業赤字に転落 アニメなど映像制作コスト上昇 ローカライズの赤字幅も拡大

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
IMAGICA GROUP(旧イマジカ・ロボ ット ホールディングス)<6879>の第3四半期(4-12月)の連結は、売上高633億8700万円(前年同期比1.7%減)、営業損失6億9100万円(前年同四半期は16億4600万円の黒字)、経常損失は億8500万円(同17億2100万円の黒字)、最終損失3億0700万円(同21億9700万円の黒字)と減収・赤字転落となった。

赤字転落となったが、劇場アニメや一部TVアニメ、フルCG作品の映像コンテンツの制作コストが増加したことに加え、テレビ番組向けポスプロにおける働き方改革のための体制変更の影響、さらにメディアのローカライズサービスの赤字幅が拡大したことなどが主な理由となった。

なお、アニメなどを手掛ける「映像コンテンツ」の営業損益は、1億4900万円の赤字となり、前年同期の7億円の黒字から赤字転落した。ポスプロなどを行う映像制作サービスも前年同期9億1200万円から1億7000万円に減少した。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( イマジカ・ロボット ホールディングス18年10-12月決算

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事