ドラゴンボールZドッカンバトル、アカツキ、App Storeに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームランキング記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > App Store売上ランキングの1週間を振り返る…週の前半...

App Store売上ランキングの1週間を振り返る…週の前半は『ドッカンバトル』の独走状態 後半は『FGO』が「バレンタイン2019ピックアップ召喚(日替り)」開催で首位奪還

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ

2月4日~2月8日のApp Store売上ランキングの動きを振り返ってみよう。前週からの好調をそのままに、「4周年究極DOKKAN謝祭」開催で波に乗るバンダイナムコエンターテインメントとアカツキ<3932>の『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』が首位をキープし続けた形で幕を開けた今週のランキング。

そのまま『ドッカンバトル』が首位独走かと思われたが、2月7日のランキングでFGO PROJECTの『Fate/Grand Order』が首位に立ち、その座を奪還するなど、両タイトルの首位攻防戦が今週の大きなトピックスと言えそうだ。

その他、地図ふくびきスーパー「魔王・神獣・系統の王フェス」や「ダイの大冒険」復刻コラボを開催したスクウェア・エニックスの『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』や、初のトップ30入りを果たした日本聖訓の『王に俺はなる』なども存在感を示した。

 
■2月4日
 
「4周年究極DOKKAN謝祭」開催中の『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』が首位をキープする中、アニメ化も決定したリベル・エンタテインメントのイケメン役者育成ゲーム『A3!(エースリー)』が、2月2日より限定スカウト『99% CACAO:HOLIC』を配信し、大幅にランキングを上げ29位にランクインした。
 
出所:AppAnnie


同じくTOP30にランクインしたスクウェア・エニックスの『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』は、2月2日より地図ふくびきスーパー「魔王・神獣・系統の王フェス」の第4弾は「ガルマッゾ」「メタルセラフィム」などの出現率アップしており、売上を伸ばしたもようだ。
 

出所:AppAnnie


 
■2月5日
 
この日も『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』の首位が続いた。
 

上位陣では、ガンホー<3765>の『パズル&ドラゴンズ』が前日の6位から3位に上昇。『パズドラ』は、2月4日0時より、「甘美の零龍喚士・ネイ」や「お菓子作りの魔神・アスタロト」などバレンタインの特別なモンスターだけが登場する期間限定の特別レアガチャ「バレンタインガチャ」を開催していることなどが売り上げにつながっているようだ。
 
出所:AppAnnie
 
また、コナミデジタルエンタテインメントの『遊戯王 デュエルリンクス』が前日の33位から14位に急上昇した。『遊戯王DL』は、2月4日より、構築済みデッキの新シリーズとなるストラクチャーデッキEX「覚醒する古代の機械」の配信を開始したことが順位を押し上げたもよう。
 
出所:AppAnnie


 
■2月6日

バンダイナムコエンターテインメントとアカツキ<3932>の『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』が首位をキープしたこの日。
 

ランキングの動きで目立ったのは、スクウェア・エニックスとCygamesの『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』が前日の29位から12位まで上昇し、トップ10に迫ったことだ。『DQMスーパーライト』は、2月5日より、地図ふくびきスーパーに「ダイの大冒険コラボフェス」と「ダイの大冒険ピックアップフェス」が復刻登場(関連記事)したことが売り上げにつながっているようだ。
 
出所:AppAnnie

また、Craft Eggとブシロードの『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』が前日の33位から15位まで浮上してきた。『ガルパ』は、2月5日15時より、期間限定の「スペシャルセット10回ガチャ」を開始(関連記事)したことが順位を押し上げたもよう。
 
出所:AppAnnie


 
■2月7日
 

FGO PROJECTの『Fate/Grand Order』が首位に立った。『FGO』は、2月6日18時より、「バレンタイン2019ピックアップ召喚(日替り)」を開催(関連記事)しており、期間限定サーヴァントとして「★5(SSR)紫式部」が登場していることが売り上げにつながっているようだ。

また、バンダイナムコエンターテインメントの『キングダム セブンフラッグス』が前日の130位から16位に飛び込んできた。『キングダム セブンフラッグス』は、2月6日14時より、ガシャに新規追加キャラとして、☆7武将「王翦」が登場したことが順位を押し上げたもよう。
 
出所:AppAnnie

また、この日のトピックスと言えそうなのが、日本聖訓の『王に俺はなる』が26位と初のトップ30入りを果たしたことだ。香港、台湾、韓国で人気を集め、日本に上陸を果たしたタイトルとなる本作だが、昨年5月のリリースからじりじりと順位を上げ、ついにトップ30圏内入りを実現した格好になる。
 
出所:AppAnnie


 
■2月8日
 
FGO PROJECTの『Fate/Grand Order』が首位をキープした。
 

上位陣では、コナミデジタルエンタテインメントの『実況パワフルプロ野球』が前日の21位から3位に浮上してきた。『パワプロ』は、2月7日のメンテナンス後より、「球宴・極 円卓高校強化ステップアップガチャ~野手育成応援~」と「球宴・極 円卓高校強化ステップアップガチャ~投手育成応援~」に加え、「ループガチャ ラブプラスコラボ記念」にコラボイベキャラ「小早川 凛子」が登場していることが順位を押し上げたようだ。
 
出所:AppAnnie

また、バンダイナムコエンターテインメントとDeNA<2432>の『ONE PIECE サウザンドストーム』が前日の101位から12位まで急上昇し、トップ10に迫った。

『サウスト』は、2月7日より、キャラ獲得イベント「バレンタイン大争奪戦'19」を開始(
関連記事)し、新衣装で登場した「たしぎ バレンタイン'19」と「ビビ&カルー バレンタイン'19」の新EX必殺技付きシーンカードが登場した「バレンタイン大争奪戦'19 ステップアップガシャ」を実施していることが売り上げにつながっているもよう。
 
出所:AppAnnie
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Fate/Grand Order(FGO)ドラゴンボールZドッカンバトルFGO PROJECT

企業情報(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)

会社名 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
URL http://bandainam.co/1mZsovM
設立 1955年6月
代表者 大下 聡
決算期 3月
直近業績 売上高2570億円、営業利益285億円、経常利益291億円、最終利益227億円(2018年3月期)
上場区分 非上場
証券コード

企業情報(株式会社アカツキ)

会社名 株式会社アカツキ
URL http://aktsk.jp/
設立 2010年6月
代表者 塩田元規
決算期 3月
直近業績 売上高115億円(前の期比93.9%増)、営業利益47億円(同121.3%増)、経常利益46億円(同133.1%増)、最終利益32億円(同195.9%増)(2017年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3932

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事